骨を増やす治療方法

骨が薄くて治療が難しいと言われた方へ

「骨が薄いのでインプラントは難しいです」と言われたことがあるかもしれません。
歯を支える骨を増やす(骨造成誘導等)方法によってインプラント治療が出来る場合もあります。
骨を増やす治療法には、『ソケットリフト』『サイナスリフト』『GBR』などのいくつかの骨造成治療があります。
以下ではそれぞれの手法をご紹介します。

上アゴの骨の厚みが足りない場合

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

サイナスリフトは、上アゴの骨が足りない場合に骨の厚みを増すために行う治療です。 インプラントを埋め込む部分の上顎の骨の厚みが1~5mmの場合に治療します。

「上顎洞(じょうがくどう)」という上顎にある空洞の底部を持ち上げ、 できた空間に骨補てん剤を注入し、インプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。 インプラント埋入前に行う場合と、インプラント埋入時に同時に行う場合があります。

サイナスリフト(上顎洞底挙上術) 矢印 サイナスリフト(上顎洞底挙上術) 矢印 サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

ソケットリフト(上顎洞底挙上術)

「サイナスリフト」は、骨の厚みが1~5mm以下の場合に行うのに対し、「ソケットリフト」は骨の厚みが3~7mmの場合に治療します。 インプラントを埋入する位置から特殊な器具で上顎洞の底部を押し上げ、 そこに骨補填材を入れることで骨密度を高め、インプラント埋入に必要な骨の厚みを確保します。

ソケットリフト(上顎洞底挙上術) 矢印 ソケットリフト(上顎洞底挙上術) 矢印 ソケットリフト(上顎洞底挙上術)

骨幅が足りない場合

GBR(骨造成誘導法)

GBR(骨造成誘導法)は、インプラントを埋め込む部分の顎の骨幅が足りない場合に採用します。 インプラントは歯槽骨に囲まれる必要があるため、インプラント治療を行うには十分な骨幅が必要です。 GBR(骨造成誘導法)は、アゴの骨が不足している部分に「メンブレン」という特殊な膜を使って骨をつくるスペースを確保し、 そこに骨のもとになる骨補填材を入れて、骨の造成を促す治療法です。インプラント手術前に実施するケースもあれば、手術と同時に行うケースもあり、 患者さんの状態によって変わります。

GBR(骨造成誘導法) 矢印 GBR(骨造成誘導法) 矢印 GBR(骨造成誘導法)

骨造成治療の際、治癒促進の為に

GBR(骨造成誘導法)を行う際には、骨造成を誘導するためのメンブレン(人工膜)が必要となります。

一般的には人工メンブレンを使用しますが、ミックデンタルクリニックでは、 患者さんご自身から採血した血液を遠心分離させてできるCGF(完全自己血液由来のフィブリンゲル)を用いたCGFメンブレンを併用することもあります。

患者さんご自身の血液を利用していることに加え、添加物を一切使用しておりませんので、感染のリスクを低減できます。

遠心分離機

骨造成治療料金

GBR(人工骨+コラーゲン膜) 70,000円(税抜き)
ソケットリフト 100,000円(税抜き)
サイナフリフト 200,000円(税抜き)