専門医が教えるインプラントの基本

  • インプラントの基本
  • TOP>

インプラントは第二の永久歯

歯を失った場合の選択肢の一つ『インプラント』
「入れ歯」や「ブリッジ」といった以前からある治療法では得られなかったメリットが得られることから、
近年は治療を希望される方も、治療ができる医院も増えてきていますが、まずしっかりとインプラントについての正しい理解を深め、
納得いただいたうえでお選びいただく事が大切です。

インプラントとは?

インプラントとは、「しっかり埋め込む、差し込む」という意味があり、人工歯根のことを指します。

チタン製の人工歯根を埋め込み、 セラミック素材の人工歯を取り付ける治療です。

アゴの骨としっかり結合するため硬い物でも思いきり噛め、上に付ける人工歯は自然歯と同等の性質を持つセラミック素材なので見た目も自然です。 インプラントを埋め込むために手術をする必要がありますが、入れ歯やブリッジとは違い周りの残っている歯に負担をかけない事が特徴です。

インプラントの図解

ブリッジや入れ歯とはどう違うの?

インプラント治療では、入れ歯の様に歯肉に義歯を乗せるだけの方法と異なり、使わない顎骨がやせ細るという心配も無く、さらに従来のブリッジの様に、健全な歯を削る必要がないので、治療後は痛みや違和感を伴わずに、歯本来の機能を保つことができます。これらインプラントの特徴をご紹介します。

健全な天然の歯をキズ付けない

「ブリッジ」や「部分入れ歯」は固定するために隣の歯に負担をかけて痛めてしまいます。

(またブリッジは3本以上抜けた際はできません。)

インプラントの場合は失った歯の部分に埋め込む際、健康な歯はキズつけません。

装着の違和感がほぼない

入れ歯等は合わないと外れやすかったり、うまく噛めなかったりします。

また入れ歯との間に食べ物が入った場合には痛みがあることもありますが、インプラントは詰め込む為、そのようなことはありません。

土台が骨と一体化するからシッカリ噛める

入れ歯は噛む力が通常に比べて30〜40%ぐらいになり、硬い食べ物等は上手く噛めません。

ですがインプラントは顎の骨に固定する為、噛む力は今まで天然歯と同等になります。

治療方法 ブリッジ 入れ歯 インプラント
ブリッジ 入れ歯 インプラント
メリット

■固定式である為、装着しても違和
感があまりない。

■材質を選択する事により、天然の
歯と変わらない治療が可能

■ブリッジでは適応できない大きな欠損に有効

■歯を削らずに補える。

■骨に固定する為、違和感がない
■噛む力がほぼ天然歯と同等
■隣の歯を削る必要がない
■見た目が天然の歯と近い
デメリット

■ブリッジを支え、固定する為に健康な歯でも両隣の歯を削る必要がある。

■支えになる歯に負荷がかり、将来
的にその歯を失う原因になる事がある。

■バネをかける歯への負担が大きい

■噛む力が30~40%ぐらいになる

■取外し手入れが必要

■歯ぐきの変化に合わせて作り直しが必要

■違和感を感じやすい

■食べ物が挟まって痛むことがある

■骨に埋め込む手術が必要

■全身の疾患がある場合、治療ができない場合がある。

■骨の厚み・量が著しく薄い場合治療が出来ない場合がある。

■保険適用外である

こんな方にインプラント治療はおススメ